天神 整体|慢性疲労|福岡市の身体回復施術院

092-724-3663診療時間:10:00~21:00
(最終受付20:00) 休院日:日曜日

福岡市天神
福岡手もみ整体院COZY
「慢性疲労症候群」は,たんなる「慢性疲労」とは異なる症状です。

慢性疲労症候群

    

「慢性疲労」は休息すれば改善する症状のことを指します。休息不足から起きている症状です。それに対して,「慢性疲労症候群」は適切な処置が求められる症状を言います。

「慢性疲労症候群」とはちょっと耳にするだけだと「常に疲れている状態」の事を示すように聞こえます。なので,「慢性疲労」と混同してしまう事が多いのです。

大きな違いは,「疲れがなかなか引かない」という点です。

しかし、皆さんからしてみると「慢性疲労」と「慢性疲労症候群」の境界線がどこなのかが,なかなか分かりにくいのは事実です。
「成人病」の呼び方が「生活習慣病」に変わり,「肩関節周囲炎」が「五十肩」に変わったように「慢性疲労症候群」も分かりやすい言葉へと変換を求められている所です。

「慢性疲労症候群」の症状

それでは,「慢性疲労症候群」とは,どのような症状なのでしょう?

一般的な症状としては,原因不明の強度の疲労が6ヶ月以上継続して起こる症状です。
「筋痛性脳脊髄炎」
「ウイルス感染疲労症候群」
このような関連も考えられます。
重篤度が伝わらない「慢性疲労」と区別が付きにくいので,「慢性疲労免疫不全症候群」という呼称を利用している場合もあります。

主な症状は,身体及び思考力の両方に原因が考えられます。

  • 激しい疲労
  • 微熱
  • 咽頭痛
  • 頸部あるいはリンパの腫張
  • 筋力低下
  • 思考力の低下
  • 関節障害
  • 睡眠障害

上記のような症状が起こり,尚且つ精神疾患も当たらないと判断された場合,「慢性疲労症候群」が疑われます。「慢性疲労症候群」は「気分障害」や「不安障害」「身体状態性障害」「繊維筋痛症」ととても似た紙一重の症状と言えます。

このような「神経系」の症状は「筋肉」「神経」のアプローチ施術と共に「コミュニケーション療法」も非常に重要になってきます。

「慢性疲労症候群」は患者の納得が求められる

「慢性疲労症候群」という症状は,「自律神経系」のトラブルの一種です。
なので,「うつ病」「神経症」「更年期障害」「自律神経失調症」などの症状と区別が付きにくい部分が非常に多く存在もします。

「慢性疲労症候群」の施術は,少しずつ患者さんの身体と心を緩和させていくような施術を行います

疲労は痛みや発熱と並んで,人間の症状の三大アラームとも言われる重要な要素です。つまり,自覚症状として感じる要素として「精神疲労」と「肉体疲労」の2種類があり,このアラームを失うと身体は修復をする機能(『自然治癒力』)が上手く働かなくなるのです。

通常,疲労が蓄積した場合「脳」から休息を取るように「シグナル」が発せられます。

通常の状態としては「適度な疲労感の時」に「適度なシグナル」が発せられ,休息を取り疲労感が緩和されるような感じです。過度なストレスも感じず,倦怠感も残る事はありません。
しかし,「慢性疲労症候群」の患者さんの場合は,このシグナルが過剰に発せられるのです。しかし,この現代社会において,シグナルが過剰に発せられるからと休む訳にはいかないのが現状だと思います。従って,「シグナル」と「休息」の感覚の不一致に「脳」は「ストレス」を感じてしまい,大きな「倦怠感」を覚えてしまうのです。

このような「慢性疲労症候群」の場合,「自律神経系」のトラブルになる為,患者さんご自身の理解であり納得が改善への大きな鍵となってきます。

しかし,「自律神経系」を改善させるには,「理解(心)」だけでは改善しません。
「身体」の滞りも同時進行で解き放つ事により改善へと繋がります。

「慢性疲労症候群」を改善させる為には,「患者さんの納得」と「心身伴った施術」が要求されます。

慢性疲労症候群のチェック方法

慢性疲労症候群をチェックしてみる方法はいくつかあります。

  1. 1.労働作業を休んで24時間以上経っても疲労感や筋肉痛が取れない
  2. 2.別に腫れてはいないはずなのに関節が痛む
  3. 3.頭痛や継続している喉の炎症がある
  4. 4.寝る時間が日毎にずれていく(不眠や過眠)
  5. 5.37度以上の発熱が継続する
  6. 6.筋力が低下してきて台所のまな板や布団を上げるのも億劫になってきている

・・・など,このような感覚に陥ります。

「強い頭痛」「脱力感」などの症状がありますが,症状をデータや数値で示しにくいので,周囲からは「単に怠けている」ようにしか受け止められません。20代から50代の発症が多く見られ,7割程度が女性である事も特徴的な症状です。

この症状は,ただ休息をするだけではなく,「適切なカウンセリング」と「適切な施術」が必要な症状です。そうしなければ,10年以上症状が長引いてしまう恐れもあるのです。

この「慢性疲労症候群」には,「抗ウイルス薬」「ガンマグロブリンの投与」「血漿交感」「免疫調整薬」などが有効という報告がありますが,実施されている医療機関はほとんどありません。

整体療法と共に行う療法としては「十全大補湯」や「補中益気湯」などの漢方薬をお薦めします。「うつ病」や「双極性障害」などの併存がある場合は,「抗不安薬」などの「感情調整薬」「大量ビタミンCの投与」などを今気強く継続する結果,長期的に有効な症例もあります。

決して,動けなくなる症状になるまで,我慢しないでください。

  

電話で予約を希望される方

予約電話番号

ネットで予約を希望される方

          

インターネット予約

気になる症状をクリック

頭 痛 肩こり
腰 痛 便 秘
五十肩・肩の痛み 首・背中・膝の痛み
坐骨神経痛・手の痺れ 冷え性
めまい 不 眠
捻 挫 慢性疲労症候群
生理痛・生理不順 猫 背
O 脚 骨盤ダイエット

営業時間

時間・曜日

営業時間

月曜日~金曜日

10:00~21:00

土曜日

10:00~20:00

休院日

日曜日

月曜

火曜

水曜

木曜

金曜

土曜

日曜


お問い合わせ

福岡市の骨盤整体院
福岡手もみ整体院COZY
【住所】 福岡県福岡市中央区天神
2丁目3-10 天神パインクレスト614
天神西通りアップルストアそば
【アクセス】
西鉄大牟田線:福岡駅 徒歩5分・地下鉄:天神駅 徒歩5分、天神南駅 徒歩3分・高速バスセンター 徒歩3分・西鉄バス:「今泉1丁目」バス停目の前、「天神三越・警固神社前」バス停そば
【ご相談・ご予約】
092-724-3663
【営業時間】 10:00~21:00(最終受付19時)
【定休日】 日曜(祝日)

>> 場所・行き方はこちら


整体院への地図

>> もっと大きな地図で見る


info

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る      

サイト内検索

福岡手もみ整体院|院長

院長

【整体歴】
19年

【主な整体】
骨盤整体
カイロプラクティック
オステオパシー
頭蓋仙骨療法
筋膜リリース
トリガーポイント療法
etc...

【院長より一言】
肩こり・腰痛・頭痛..etc...様々な諸症状を骨盤レベルで根本改善の探究を行っています。

営業日カレンダー

×

※ 営業時間10時~21時
※ 最終受付20時

所在地

天神パインクレスト

【電話番号】
 092‐724-3663
【住所】

日本福岡県福岡市中央区
天神2丁目3-10
天神パインクレスト614

(アップルストア・ドンキホーテそば)

お問い合わせフォーム

整体ブログ|バックナンバー

体験整体

整体のインターネット予約

福岡手もみ整体院COZY|タップして電話が掛ける事ができます。

お知らせ


お知らせ一覧

来院地域

当院では九州を中心に中国地方・関西地方・関東地方の各地域から多数ご来院いただいてます。
福岡市中央区(薬院駅,平尾駅,福岡駅,薬院大通駅,唐人駅,桜坂駅,天神駅,六本松駅,赤坂駅,大濠公園駅),福岡市城南区(福大前駅,別府駅,梅林駅,七隈駅,金山駅),博多区(博多駅,吉塚駅,中洲川端駅,竹下駅,祇園駅,呉服町駅,南福岡駅,千代県庁口駅,雑餉隈駅,福岡空港駅,東比恵駅),福岡市早良区(次郎丸駅,加茂駅,藤崎駅,室見駅,西新駅,野芥駅),福岡市西区(姪浜駅,今宿駅,九大学研都市駅,下山門駅,周船寺駅,橋本駅),北九州市(小倉駅,門司駅)

PAGE TOP